HOME > ソリューション > マイクロフィルム電子化サービス

マイクロフィルム電子化サービス

マイクロフィルム電子化サービス
マイクロフィルム電子化サービスは、マイクロフィルム(フィッシュ/ロール/アパチュカード)をWindows環境で閲覧が可能なようにデジタル化する事により、効率的且つ迅速な閲覧が可能となります。
マイクロフィルム(アナログデータ)と電子化データ(デジタルデータ)両者の特性を活かし、長期保存の為のバックアップはマイクロフィルムで行い、日々の運用は電子化データを活用することが可能となります。用途に合わせてマイクロフィルムと電子化データの併用など、お客様にとって使い勝手の良い最適方式を当社文書情報管理士よりご提案申しあげます。

マイクロフィルム電子化サービス

マイクロフィルム電子化サービス

マイクロフィルムの電子化を委託した場合のお客様メリット

検索の簡素化 電子化されたフィルムはPCでデータを一括管理することができ、キー操作だけで欲しい情報が短時間で迅速に検索することができるので、検索にかかる作業の不効率を大幅に解消するこが可能です。
投資コストの抑制 複数クライアントからの検索が可能となりますので、作業負担の分散が可能となります。既設資源ネットワークをそのままで利用できますので新たな投資コストが発生しません。また、マイクロフィルム閲覧にはリーダープリンタ等の専用機器が必要となりますが、電子化されたデータはPC上にて閲覧が可能となるため、従来の専用リーダープリンタが不要となりランニングで発生していたリース費用やトナー費用も掛からないので、トータル的なコスト減にも繋がります。
セキュリティ体制の強化 マイクロフィルム自体を使用しないので、フィルムの破損等が回避でき、機密性確保の二重化が実現されます。また、マイクロフィルムがバックアップデータとなりますので大地震、大規模災害、火災の危険要素に備えてマイクロフィルムや作成したメディアを別の場所に保管しておくことで、情報消滅を未然に防ぐことができます。
共有閲覧 ネットワーク上で閲覧する事が可能ですので、離れた場所でも共有にて情報閲覧が可能となります。
情報配信が手軽 電子化により電子メールで画像が手軽に送受信できます。
またメディアで画像データの持ち出しも可能となり利便性が向上します。
お問い合わせはこちらから

ページトップへ
株式会社ジムマネジメント
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-16-6 タツミビル

Copyright(C) 2002-2017 JIM MANAGEMENT Co.,Ltd. All right reserved.